Blog

魔法使い

春のウェディングがやっと落ち着き、
これから夏、秋のお客様と続きます。
すでに12月ごろまでドレスのご予約やオーダーも入りだしており
1年あっという間だなと今年もまた去年にも増して思っています。


ブログももっと書きたいんだけどな・・・
頭の中で書きたい文章は巡るのに
アウトプットまでなかなか辿り着くことができません。

今年の春も
ほんとうに素敵なご夫婦ばかりと出会うことができました。
毎年、毎年、年月を重ねるごとに
大好きなご夫婦が増えていきます。
ミニュイは本当にすてきなお客様ばかりなことが
わたしの1番の誇りで、何よりもありがたいと思っていて、
わたし以上に、わたしの作ったドレスを大切にしてくださる方が多くて
それってなかなか無いことなんじゃないかと思うのです。

毎日を丁寧に過ごす気持ちや
作り手の気持ちを思うことや
作られたものの背景を想像して大切に扱うということは
誰にでも出来ることではなくて
普段からそういう思いで買い物をしたり
そんなふうにして過ごしていないとなかなか自然にできることではないと思うのです。
そういう価値観を持った方々がミニュイのドレスを選んでくださることが
わたしの喜びでもあり
いいものを作らなければ、と身が引き締まることでもあります。



今年の春は何人かの花嫁さまに
「魔法の手」と言っていただけたんです。
それは今まで聞いた中で1番の褒め言葉のように思いました。
とっても、とっても、嬉しかったです。

Kattiさんにヘアメイクをしてもらった後に、魔法みたいだった!
と仰っていた方もいらっしゃいました(^^)

わたしはカメラマンのharumiさんのフィルターを通して見る世界は
まるで魔法がかかったようだなぁといつも彼女の写真を見て思います。

だけど、例えば毎日台所にたって
みんなの命をつくるお料理をつくるお母さんも、
1本の木から家や家具をつくる職人さんたちも
どんな人もきっとなにか自分だけが使える魔法を持っているのではないかと
私は思います。
誰かに自分ができることで、愛を与えようと思うときに魔法が使えるのです。



「誰も見てないところで、魔法使いは練習をする。」

少し前にたまたま見た言葉です。
わたしは、わたしの魔法をもっとうまく使えるように練習しなくちゃ。


もう少ししたら春のウェディングの方の写真もホームページに追加しますね。

IMG_5132

Spring mood

春ですねぇ。
ようやく。
春ですねぇ。。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
前回の更新からまた間が空いてしまって申し訳ないです…
(でも果たしてこのブログの更新を気にしている人なんているかしら)

今月から本格的に春のウェディングシーズンがスタートし
連日、仮縫いや前撮り、そして秋挙式の方のお問い合わせ…と
また今年もあっという間に過ぎてしまいそうです。

IMG_3794

お客様とお話をしていて、うちに訪れてくださる方は
式場のドレスで着たいものが見つからない方
Instagramなどで以前からうちのドレスをチェックしていてくださった方など
様々なのですが、
私が作ったドレスを着て、かわいい!と嬉しそうな表情になってくださるのは
何度経験してもとても嬉しくて、
逆に式場のドレスのことをご相談されたときに
みなさん抱いている想いは同じで、私もとても共感できるのですが
式場のドレスが悪いわけではなく
あくまで趣味嗜好の問題であったりもするので
そこは言葉を選んでなるべく慎重にお答えするようにしているのですが
私の意図は伝わっているかしら、、と少々心配になったりもします。

言葉というのは難しくて
受け手の意図が加わると違ったふうに伝わってしまうこともあって、
でもあくまで私が言いたいことは
どのドレスも悪いわけではなく、どの結婚式だって素敵です。
ただ、式場ではどうしても融通がきかない部分もあり
全ての方にあうものを揃えるのは難しく、
その方らしさが出せないときにも時にはあり、
そういうときに私などが居ることで
できる限り、花嫁さまお一人お一人の魅力や”らしさ”が尊重できる
お手伝いができればと思っています。

人生に一度しかない結婚式で
もうこれでいいか、、これだったらまだ着れるかなぁと
高い金額を出して妥協せざるを得ない花嫁さまのなんと多いことか…

こういう言葉を聞くたびに悔しい思いになり
もっともっと素敵なドレスをたくさん作らなくては、という思いになります。

頭の中には作りたい新作ドレスの構想がいっぱいなんですけどね。。
全部出来たらかわいいですよ、きっと。

今年はオーダーもたくさんいただいていて、
5分くらい管を繋いだら8時間良質な睡眠をとったのと同じくらい元気になる
機械が本気で開発されて欲しいと思っています。
寝ずに仕事出来たら最高です。
または仕事のときだけ自分が3人くらいいたらいいのに、と本気で思っています。
または1日が48時間になるとか…

みなさま良い春の日をお過ごしください。

Slow Weddingお越しただきありがとうございました。

あっという間に2月です。
少し間があいてしまいましたが、Slow Wedding vol.7
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
IMG_3280
雪の降る中での開催でしたが
沢山の方におこしいただき、真剣にワークショップをされている方や
お式の相談をされている方、ドレスをご試着くださった方…
みなさま楽しんでいただけたようでとても嬉しかったです。
みなさまがご結婚式を迎えるときの参考になれば、
そしてまだ見ぬご結婚式の予定を楽しみにされている方のワクワクが増していれば
とても嬉しいです。
IMG_3219

新作のカラードレスを2点、このイベントに間に合わせて
新たに制作しました。
女のひとの鎖骨や肩の丸みや柔らかい肌の質感、手首の細さや背中など
もともとその人が持つ美しさを引き立ててくれて
品があって柔らかい、大人が着られるカラードレスを目指しました。
こちらは今後アトリエにていつでもご試着可能です。
IMG_3266
IMG_3335

Slow Wedding、次回も素敵な花嫁さまにたくさんお会いできますように。

さてさて、これからミニュイは春のウェディングの制作が佳境に入っていきます。
今シーズンも素敵な花嫁さまがたくさんご結婚式を控えていますので
わたしも制作がんばります。。

Slow Wedding vol.7

sw

img_4251
今年もSlow Weddingを開催いたします!

Slow Wedding vol.7
2017.1.21(Sat)/22(Sun)

time:21日 11:00~21:00
   22日 11:00~18:00

place:SPACE108 金沢市玉鉾3-224 2F(P10台)
※台数に限りがありますので乗り合わせてお越しください。

entrance:500円(1drink付)

とうとうSlow Weddingも今回で7回目を迎えました。
今回新たに加わった出店メンバーもおります。

ドレスの試着はもちろんのこと、
ヘアメイクやお式のプロデュースのご相談、
引き出物やプチギフト、
アクセサリー、ブーケや会場デコレーションなど
たくさんの「自分らしいウェディング」をお手伝いできる
ヒントが詰まったイベントになっています。

ここ数年でカジュアルウェデイングやオリジナルウェディングという概念は
どんどん浸透してきたように思います。
お2人が結婚式をつくっていくうえで色んなアイディアソースがあったり
オリジナリティのあるウェディングをやりたいという方が増えてきていることは
私たち自身とても嬉しく思います。
ただ、そこには忘れてはいけない大切なものもあります。

自分たちだけの自己満足にはなっていないか?
本当にゲストに喜んでもらえるだろうか?
家族や支えてもらってきた人にちゃんと感謝の気持ちは伝わるだろうか?
年配の方のことも配慮できているだろうか?etc…

そもそもなぜ、オリジナルウェディングをやるのでしょうか。

私は個人的には、
来てくださるゲストの方、日々自分たちを支えてくださる方、そして自分たちが
あたたかい気持ちに包まれるためなのではないかと思っています。

どんな結婚式も素敵なんです。
どんな結婚式もそこにはあたたかさがあります。

それでも自分たちらしさがあらわれたウェディングには
既存のテンプレートのようなウェディング以上に
みんなの心の距離を近くして、ぎゅっとひとつにしてくれる力があると
わたしは信じています。
そこには今まで2人と関わってきたゲストの人たちすべての、これまでの時間が詰まっているからです。
誰かが誰かを想う気持ちは、お2人の、そこにいる人たち全ての、心をあたため
明日からまた日々人生を進んでいく力になります。

個人的にはそういう一番本質の大事にしたい部分が伝わればいいなと思って
おこなっているイベントでもあります。

今年もこのイベントに合わせて新しいドレスをつくっています。
ミニュイは新作も含めほとんどのドレスを持っていく予定ですので
ご試着も随時可能です。

ワークショップ今回も充実しています!
すべてのワークショップが予約が必要なので
参加希望の方は希望のワークショップ名、人数、お名前、連絡先を明記の上
lec.minuit@icloud.comまでメールをお送りください。

すでに挙式を終えられた方や、お友達同士で、まだ具体的なウェディングの予定がない方も
どなたでも気軽にお越しいただけるイベントになっております。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております*

日々のこと/朝の風景

今年の金沢の冬は経験したことがない程、天気がよい日が多い。
けっして北陸以外の地域に住んでいる人から見たら”晴ればかりの冬”という認識にはならないだろう。
だけど12月からしんしんと降り続く雪の中でじっと春の訪れを毎年待つしかない北陸の人間にしてみたら、
十分に晴れが多い年だと思う。

わたしは秋に愛車の自転車がパンクしてしまって乗れない状態で、
且つ毎日ように着ているお気に入りのコートはしっかりと前が閉じないデザインのために
マフラーをぐるぐる巻きにしようとも、
自転車をこぐたびにお腹のあたりに冷たい風がびゅうっと押し寄せてきて
景色を楽しむ余裕がなくなってしまう。
かといって雪も降っていない日にダウンをファスナーをしっかりと閉めてまで着る気にはなれない。
(個人的にダウンは雪の凍えそうな日に着るものという認識)
そんなわけで、この冬わたしはよっぽど天気の悪い日以外は
徒歩20分の距離を歩いて通勤している。

2、3日前もそれはそれは空が青く澄んだ日で
わたしの自宅からは犀川を渡らないとアトリエには行けないので
真っ青な空の下で川の水面が嬉しそうにキラキラと反射して
鳥のさえずりがどこからか聞こえてくる風景の中を歩いていると
なんだかもう春なんじゃないかという気分にさえなってきた。

犀川を毎日のように眺めながら通勤する生活を半年ほど送って感じるのは
犀川ってほんとうにおとこらしい。
”おとこ川”と呼ばれているのには深く頷ける。
なんだか、街のみんなから慕われて頼りにされているおじいちゃん、みたいな雰囲気。
思慮深く、博識で、穏やかで、どしっとして威厳があって、口数が少なくて、
眉毛も白髪でいつも家でも着物です、みたいな。
どんなに晴れた日も雨の日も、雪の日もただ黙ってどっしりとそこに腰を落ち着けて
流れている、そんなイメージの川。
そして様々ないのちを静かに見守っている。

この日も犀川はそんなふうで、
静かで深い、緑のような、青のような、
形容し難い思慮深さが反映されたような色の水面に
対の水鳥がすーっと流れるように寄り添って泳いでいた。

もふもふのミニチュアシュナウザーが散歩をしてくれている飼い主を
嬉しそうに振り返りながら飛び跳ねていた。

そこにいるみんなが幸せそうに感じる風景だった。

一人のおじいちゃんが川沿いのコンクリートに座って携帯電話で話しをしていた。
「年末にあんたに会えんかったさけ、声が聞きたくなってぇ」
おじいちゃんも嬉しそうだった。
そんなふうに言われた電話の向こうの人も嬉しいだろうな。
電話の向こうの人が恋人のおばあちゃんとかだったらいいなと思いながら
わたしはその横を通り過ぎた。

川沿いから一本路地に入ってまっすぐ行けばもうアトリエ。
いつもなんとなくここで曲がろう、と決めている角がある。
もう少し川の風景も楽しむことができるのだけど
わたしの心の声がいつもそこで曲がろうかな、というのでわたしは従う。

その角には高い塀で囲まれた一軒の家がある。
いつも何気なく通っているけれど、その日はふとその塀が途切れた先に
黄色い実がなった木があることに気づいた。
あんなに自然が好きな両親に育てられたのに、
わたしにはそれが柚なのかレモンなのか蜜柑なのかさえ見分けがつかなかった。
(いやレモンではないことだけはわかったけど)
だけどその実がなんだか可愛くて、小さくてささやかに細い枝の先になっているのに
少女のような無邪気そうな感じと、静かに強い生命力を感じて
なんだか愛おしくなった。
その瞬間に、あぁ、幸せになる方法って結局は、
日常の中でほんの小さな幸せをどれだけ数えらるかどうかだけなんだなぁと
わたしの心の中の人が言った。

そうか、そうだな
楽しいなぁ
今日はお弁当何時に食べようかなぁと考えて
あっという間にわたしの通勤の時間は終わってしまった。

晴れているってすごい。
ある日の20分間のできごと。

Bonne année 2017!

1609290038
あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんの素敵な花嫁さまに出会うことができ
みなさまのおかげでよき1年を過ごすことができました。

2017年もわたしができることを使って
たくさんの愛を循環させていけますように。

すてきな花嫁さまとまた1年、よい時間を過ごせることを楽しみにしています。

今年もlecture de minuitをどうぞよろしくお願いいたします。

petit marché無事に終わりました。
2日目の日曜日はお天気も良く、2日間ともたくさんの方にお越しいただきました。
お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

普段お取り扱いをさせていただいている作家さんの小物を
今回は普段使いしやすいものを、ということで
ご結婚式が終わられたご夫婦で遊びに来てくださったり、
お友達同士できてくださったり、
ウェディングのイベントとはまた違った方にも作品の魅力を知ってもらえたのではないかと
嬉しく思っています。
以前Slow Weddingにいらしてくださった方がまた遊びに来てくださったり、
ミニュイを始めた頃にアクセサリーをオーダーしてくださった方に再開できたり、
ドレスのご相談をしてくださる方がいたり、、
とにかくよい時間を過ごせた2日間でした。
knopue.さん、ottamさん、ほうきぼしさんもとっても盛況でした!

img_4076

そして、来年1月21・22日(土・日)にSlow Weddingの開催も決定しました!
今回で7回目の開催です。
新しい出展メンバーも加わりますのでお楽しみに。
詳細はまた改めてアップいたします。

ここ数日ですごく思ったことは、
わたしはやっぱり女性がキラキラと輝いてるところを見るのがとても好きだということ。

なにかのきっかけで自分に自信が持てたり、
好きではないと思っていた自分の一部分がちょっと好きになれたり、
やってみたいと思える新しいなにかを発見してワクワクしたり、
視野が広がって世界が新鮮な輝きを持って見えたり、

それは他人から見たら、とても小さな出来事なのかもしれないけれど
本人にとっては大きく現実を動かす原動力になるかもしれない。

そういう種を見つけたときの女性は本当にキラキラと輝いていて、
女性って本来みんなそういう輝きを持っているものだと思うのです。

自分にはそんなのないって思っている人がいたら、
それはその種をまだ眠らせているだけだと思う。

そういう小さな種を見つけて、やさしくお水をかけてあげるような
なにかそういうきっかけを作ることをわたしがもっとできたらなぁと思っていて。
そのためにどんな方法があるのか、まだ模索中ではありますが
来年の目標はそんなかんじです。

A piece of my life

寒さも本格的になってきました。。
今週末はいよいよpetit marchéです!
わくわく楽しみです。

師走ということで、なにかと慌ただしい時期かと思いますが
私は昨日友人とプチ忘年会をして来年の抱負を話しました。
みなさんは来年の抱負は決まりましたか?

毎年毎年、まわりの状況は変化していきますが
わたしには25歳からずっと大切にしている言葉があります。
毎年手帖をあたらしくするたびに丁寧に書き写して、次の年にも持っていきます。

今はなくなってしまった、あるブランドのデザイナーがシェアしていたネイティブアメリカンの言葉で、
彼女もまた25歳のときにこの言葉に出会ったそうです。
一生、大切にしたい言葉です。

− A piece of my life −

執着しない。

人生の流れに乗って、信じ、一体化する。

変化を恐れず、楽しむ。

調和の中を、美の中を歩む。

ヴィジョンを持つ。

苦しさも寂しさも生きている証。

心配せず、あわてず、最善を尽くしてあとは忘れる。

不安は欲張りから始まるもの。足るを知る。

付属物は地面に落ちるがままにまかせる。

機が熟すのを待つ。

期待ではなく意思の矢を放つ。

7世代先のことを考えて生活する。

あるがままの自己を見つめる勇気をもつ。

地に足をつけて自分自身を生きる。

率直な言葉で語る。

真のクリエイターとは優れたユーモアの持ち主。

神秘を感じる心を大切に。

自然が語る言葉に耳をかたむける。

自分が言ったことや、やったこと、すべては自分に返ってくる。

すべては繋がっている。

しなやかに、朗らかに、でもブレずに。

今を大切に生きたい。人生は素晴らしい。

autumn_sounds_2016_things_v2

petit marché

12月17(土)・18(日)の2日間、わたしたちのアトリエを解放して、”petit marché”と題したイベントを行います。

11:00〜18:00くらいまで

出店
・ほうきぼし(焼き菓子)
・ottam(アロマワックスサシェ)
・knopue(アクセサリー)
・中嶋寿子(アクセサリー)
・今城晶子(アクセサリー)
・hanatumi(コサージュ)
・lecture de minuit(レース)
※enneさんはお仕事の都合で出店中止になりました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-44-36%ef%bc%89

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-39-42%ef%bc%89 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-39-51%ef%bc%89 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-39-30%ef%bc%89

work shop
▷17日 11:30〜 ミニュイによるボウタイづくりWS(要予約)
製作時間:1時間〜1時間半
①サテン(ブラック)
②グレンチェック
③ドット
の中からお好きな生地を選んでいただき、ボウタイを製作します。
これからご結婚式を控えた方や、彼へのクリスマスプレゼントにも◯
参加費 ¥4,000
(生地持ち込みの場合¥500off)
道具はこちらで全て用意いたします。
お裁縫に自身のない方や、初心者の方でも作りやすい内容となっております。
※ご予約の際にご希望の生地をお伝えください。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-40-24%ef%bc%89

▷17日 14:00〜 ottamによるアロマワックスサシェmini WS(予約なし)
製作時間:30分程
ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどお好きな素材を選んでいただき
アロマが香るワックスサシェを製作します。
今回はお友達へのプレゼントにもぴったりな作りやすいミニサイズになります。
参加費¥1,200
こちらのWSは予約なしでご参加いただけますが、数量限定になっておりますので無くなり次第終了となります。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-40-16%ef%bc%89

▷18日11:00〜/14:00〜
knopue.によるtree branch pierce(earring)づくりWS(要予約)
製作時間:1時間程
参加費¥2、500
工具や材料などはすべてこちらで準備します。
パーツも色々と選んでいただけるようになっています。
ご予約の際はご希望の時間とピアス(アレルギー対応の金具ご希望の方は+300円)orイヤリングをお知らせください。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-08-12-40-03%ef%bc%89

各WSのご予約はミニュイの”contact”からも受け付けております。
かわいいものがぎゅっと並ぶ予感の2日間です。
1年がんばった自分へのご褒美にも、大切な人へのプレゼントにも。
みなさまのお越しをお待ちしております。

※駐車場がありませんのでお車で来られる方は近隣のコインパーキングに駐車をお願い致します。