花嫁さまはあるきっかけでミニュイのことを知ってくださり
ご結婚が決まったら絶対にドレスはミニュイで
と思っていてくださったそうで
まだ式場が決定していない段階で早々にメールをくださいました。

ミニュイでドレスをつくることをずっと楽しみにしてくださっていた旨の
メールをいただいたときはキュン、となるほど嬉しくて、
どんな方なのかお会いするのが楽しみでした。

ドレスはクラシックなデザインのAライン。

すっとまっすぐな眼差しと 凛とした雰囲気、大人びた声

だけど笑うと子供のような無邪気な表情で

そんな2面性ももつ彼女は表情が変わるたびに、

そのどれもを追いかけたくほど魅力的な女性でした。

出来上がったドレスをまとった当日。
何度お写真をみてもうるっときてしまう、本当にあたたかい、

心のこもったご結婚式だったことをお写真から感じました。

それは本当に、お2人の人柄ゆえ、だと思います。

みなさん本当にいいお顔をされていらっしゃいました。

そんな彼女にはオーガンジーとシフォンがつくる

ふんわりとやさしくひかりを纏った表情と
品のあるレースがつくる澄んだ空気のような

凛とした表情の2面性をもつドレスをトップスを替えて着られる

2wayという形でお仕立ていたしました。

後ろはフリルのトレーンがふわふわと揺れ、

ノーブルなコードレースが印象的です。

レースは花嫁さまと2人でたくさん悩みましたが結果、
フランス製の美しいレースを使うことができました。

前撮りではお二人のイメージにあったロケ地の他に

花嫁さまのおじいちゃん・おばあちゃんのおうちでも
撮影させていただきました。

花嫁さまが小さなころから慣れ親しんだ
思い出のある風景。おじいちゃん、おばあちゃんは日常の風景。

そこでお写真をとること。
それぞれが違った想いでこの風景を見られていたと思います。

みなさんにはこんなところで写真撮るの!なんて驚かれましたが

終始笑いっぱなしで、楽しい撮影になりました。