ミニュイのドレスはシンプルなデザインのものが多いです。

だけどシンプルとひとことに言ってもそこには

たくさんの小さなこだわりが詰まっています。

今回の花嫁さまは普段のお洋服も無地や

シンプルな中に素材やシルエットに凝った

お洋服を普段からお召しの方だったので

なるべく装飾は無くして作りたいと思いました。


身長があるぶん骨格は割としっかりとあるけれど

白い肌と肩から腕のラインの女性らしさ、

華奢な手首やすっと整った手など上半身に美しいパーツがたくさんあります。

ご結婚式を挙げられる会場が広いこともあり、

スカートはボリュームのあるプリンセスライン。

寂しくなりすぎないようバックスタイルにポイントを。



生地は光沢のあるサテンだと
彼女の優しい人柄には強すぎるし

シフォンのふわふわした感じも少し違う。

しなやかで柔軟でしっかりと地に足の着いた女性。

そんなイメージを表現してくれる

少し厚めのマットなシフォン素材を選びました。

シンプルなデザインこそ

選ぶ素材でイメージが変わるので重要です。


前撮りは花嫁様のご実家で。

お支度風景から家族の皆さんにも見ていただいて

だんだんとお嫁さんができていく過程も楽しんでいただけたようです。



おうちの畑で採れた野菜と一緒に

ご実家でしか撮れないかわいい写真。。

時間が経って見返したときにご家族みんなで

笑ったり、あたたかい気持ちになれるような前撮りが

わたしたちの理想です。

そのとき、その瞬間にしか撮れない要素がたくさん詰まった写真。

子供の時はこうだったね、とかこれまでの花嫁様を

作ってきた別の思い出も蘇ってきそう。


新郎さまも新婦さまのご家族と

すごく仲良く溶け込んでいて
あったかくて本当にすてきなおうちだなぁと思いました。