ウェディングドレスに使われる生地の違い

Contact

ウェディングドレス生地の違いわかりますか?

ウェディングドレス生地の違いわかりますか?

2021/07/20

ドレスに使われる素材。

たくさんありますが、違いはご存知でしょうか?

レースはパッと見で違いもよくわかると思いますが

スカートに使われる素材もドレスの印象を大きく左右します。

ミニュイではレンタルドレスも様々なお素材のものが

揃っていますしオーダードレスも金沢のアトリエ(店鋪に併設しています)で全て制作していますので

たくさんの素材サンプルと、

実際にその素材を使うとどんな感じになるのか、

というのをレンタルドレスで確認しながら選んでいただけます。

 

新しい素材もどんどん出ていますので紹介しきれないのですが本当に基本的なものだけ、今日はご紹介しますね。

まずはサテン。

写真のように光沢感があります。糸の太さによって

生地の厚みは薄いものから厚いものまで色々。

薄いものだとドレープと呼ばれる生地の波のような動きが

出やすいので陰影が出ます。

厚いものだとパンと張った感じが出るので立体感が出ます。

光沢感により大人っぽさやモード感、高級感が出ます。

 

シルクサテン、ポリサテン、一口にサテンといっても

光沢感も様々ですがミニュイではシルクサテンで作った

Huguetteというドレスがございます。

 

お次はシフォンと呼ばれる素材。

一般のお洋服にも使われることがあるのでイメージ出来る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらは透け感があって、てろんと柔らかく落ち感のあるお素材です。

マットな透け感なのでしっとりとした柔らかさと大人の

雰囲気になります。

こちらはオーダードレスのお写真ですがレンタルにも

シフォン素材を使ったものが数着ございます。

そして、オーダードレスのお素材選びでよくシフォンと比較して悩まれる方が多いのがオーガンジー。

シフォンと同じく透け感のある素材ですが

ハリのある素材感でより立体感が出ます。

空気をまとったような柔らかさ、とミニュイではよく表現します。

 

こちらのお客様にお作りしたオーダードレス。

ラッフル、と呼ばれる尻尾のような飾りの部分の

ふわふわとした立体感はオーガンジーだからこそ

出すことができるものです。

光に透ける感じもとても美しい生地です。

カラードレスでもベースの生地との陰翳が出て美しいです。こちらはPlageというレンタルドレス。

最後はチュール。こちらは一番馴染みがあるのではないでしょうか。

バレエのチュチュなどにも使われる網目状の素材です。

ハードチュール、ソフトチュールと柔らかさの種類も色々とありますが、ドレスの表面に使う生地としては網目の細かいソフトチュールが一般的。

こちらも透け感のある繊細な柔らかさが特徴ですが

一枚だとその良さが表現しづらいので何枚か重ねて使うことも多いです。

ギャザーを寄せた時のドレープ感などはとても繊細に、綺麗に表現できます。

Sable。ソフトベージュが肌を美しくみせてくれるレンタルドレス。

今回はドレスによく使われるベーシックな素材をご紹介しました。

ご自身が目指すイメージを素材からもアプローチしてみてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。