Contact

Blog

運命のウェディングドレスの見つけ方

2020/08/01

 

年内挙式の花嫁さま、

来年挙式の花嫁さま、運命のウェディングドレスには

もう出会いましたか?

 

式場で挙げられる方は提携内でドレスを選ばなくてはいけない

制約があるかもしれませんし

たくさんドレスを試着しても着れば着るほど

どれが自分にとってぴったりのドレスなのか

だんだん迷宮入りしてしまう方もいるかもしれません。

 

わたしがウェディングドレスに10年以上携わってきて

感じていることをお伝えします。

 

まず、第一に自分が目指す花嫁像を明確にすることが大切だと思います。

愛らしくてかわいい花嫁を目指すのか、

凛とした大人の魅力のある花嫁を目指すのか、

普段の自分らしさを100%出したいのか、

何パーセントくらい普段とは違う魅力を出したいのか・・・などです。

 

紙に書き出してみたり、雑誌のモデルさんの写真を分類分けして

自分の目指す花嫁像がどこのポイントにあるのか可視化してみても

わかりやすいと思います。

 

そのゴールを明確にしたうえで

試着のときはいろんなドレスを着比べてみるとよいと思います。

そして意外と着てみると、思っていたものと少し違う感じのものが

似合うと感じたり、理想のものが自分のイメージにははまらないなぁと

感じることもあるかもしれません。

 

そんなときは多少進路変更をしてみてもよいと思います。

 

ただ、アトリエに来られた方からよく聞くのは

他店で試着をしたときに自分が理想に描いていた

ドレスのラインが似合わなかった、というもの。

これは似合わないのではなく、

単純にご自身のボディバランスと

ドレスのつくりがあっていないだけの場合も

けっこうあるんです。。

 

わたしは、個人的には、自分がゴールに掲げる花嫁像と違う

ということはあっても

「似合わないライン」というのはないと思っています。

マーメイドでもスレンダーでも、

着る人のボディバランスとあった作りにしてあげれば似合うのです。

 

 

ご自分のボディバランスにあっているかどうか、

というのはどういったポイントをみていけばいいのか。

 

そして、ご自分のボディバランスにあうだけではなく

お2人並んだときのバランス

生地感がお式の時間帯にマッチするのか、

デザインが来られるゲストの層にマッチするのか、

会場の雰囲気にあっているのか。。

 

ミニュイでドレスをご試着いただいたときには

そういったところも含めてご提案をしています。

 

長くなってしまいそうなので、

続きはまた次回書こうと思います。

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。