Contact

Blog

新郎さまのスタイルどうする? vol.1

2020/10/15

秋になり挙式が増えてきました。

少人数であったり二次会をしなかったり

いろいろな制限がある中で、にはなりますが

幸せそうなお顔がたくさん見れて嬉しく思っています。

 

さて、今日は新郎様のスタイルについて。

お客様から十中八九ご相談いただくのは

ご自身がミニュイのドレスを着たら

隣に並ぶ新郎さまはどんな感じがあうの?

ということです。

 

結婚式場に行くと必ず見る真っ白の丈の

長いタキシードやキラキラな衣装・・・

もちろんそれが着たい!という方には

おすすめなのですが

みんながみんなそうではないと思います。

ミニュイではメンズもオーダーされる方が多いですが

そんな方も、そうでない方も参考になるような

個人的におすすめのコーディネートをご紹介いたします。

スタンダードかつ、誰にでも似合い

誰でもかっこよく見えるのはやっぱり黒。

がっしり体型の方はラペルが太めなものを

選ばれるとしっくりくると思います。

ネイビーも人気のある定番色ですね。

ひとことにネイビーと言っても青みが強い色、

黒に近い、深いネイビーなど色味で

印象はかなり変わります。

明度が高めだと若々しく、深い色だと落ち着いて上品な印象です。

 

定番的な人気があるけど明度で印象が変わる色

もうひとつはグレー。

グレーを婚礼で着るポイントとしては3ピースで着ること。

2ピースだとビジネスっぽく見えがちな色

No.1はグレーではないでしょうか。

ジャケットとパンツより濃い色のタイや

ベストを入れると締まると思います。

ブラウン寄りのグレーはがっしり体型の方に似合います。

上品さとおしゃれ感が共存するカラーですね。

人を選びますが、ダブルのジャケットでも

かっこいいと思います。

小柄な方や華奢な方、かわいいキャラの男性は

明るめのグレーに小物もピンクやオレンジなど

優しい色や暖色を入れても◯

 

そして、定番が嫌という方や

人とかぶるのが嫌で、かつスタイリッシュに

見せたい方におすすめなのはカーキ。

カーキはカジュアルさを演出できますが

シックで大人にカーキを着たい方は

少し光沢のある素材や

深めのカラーを選ばれるとよいと思います。

 

メンズのご衣装は外枠はある程度決まっているぶん

ドレスより小物あわせで全く印象を変えられるので

タイやチーフ、シューズそれぞれどんな色にしようか・・・

どんなシャツをあわせようか・・・

小物あわせが楽しいですね。

 

ものすごくよくある間違いで(私も知りませんでした)

ジャケットの丈の長いものがタキシード、

と思われている方が多いのですが、

実際丈は関係ないんだそうです。

拝絹(はいけん)と呼ばれるシルクの襟が付いているのがタキシードと呼ばれます。

なので、式場の方にタキシードじゃないとちょっと・・・

と言われてもここかクリアできていれば大丈夫。

※正確にはパンツにも側章と呼ばれるシルクの生地の

ラインとセットでタキシードですが最近は側章は省略されることも多いのだそうです。

 

細かいディテールでも似合うポイントはたくさん

あるのですが今回は色別でご紹介しました。

パートナーの体型やキャラクターを見ながら

似合う色や柄を一緒に探してみてくださいね。

 

次回は秋挙式におすすめのカラーリング、

そして春挙式におすすめのカラーリングを

続けてご紹介しようと思います。

これから新郎さまのご衣装を選ばれる方は

ぜひ参考にしてみてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。